2009年08月20日

アンチファンタジーVSアンチミステリー

以前の日記(「黄金」と「無限」の世界観)で
この単語について、ベアトが黄金と無限、両方の魔法が扱える事から
アンチファンタジーとアンチミステリーも共存するものではないか?と考えた。

しかしep5では、
【ファンタジー】がある世界で、
ファンタジーを否定する【アンチファンタジー】という立場をとっていた私たちが
【ミステリー】に則るようにと言われた。
【アンチミステリー】とは?という疑問には、バトラは答えていない。

わざわざ「ファンタジーを否定する」をミステリーと言わなかったのは、
単にそのほうがキャッチとして好ましかったからではないと思う。
アンチファンタジー(推理可能)とミステリー(推理可能)。同じようで、同じではない。
私たちはミステリーの立場で推理する事は求められていない。アンチファンタジーの立場で推理する事を求められている。
ep5でノックス十戒が出てきたが、これは物語を読み解く上での
思考の杖になるといわれた。思考の杖にしかならないのだと思う。
うみねこはミステリーでは無いのだから、ノックス十戒に従う必要も無いのだ。
だが、それでもアンチファンタジーとミステリーの似た部分が、ノックス十戒を参考にすることで、推理しやすくなると思うよと言っているだけなのではないだろうか。

アンチミステリー(推理できない)とファンタジー(推理できない)はどうか?
ベアトはファンタジーの存在ではなく、アンチミステリーの存在?
アンチミステリー、ミステリーでは無い、推理はできない、というのは
確かにファンタジーを含む場合もあるだろう。
だが、あえて【ファンタジー】ではなく【アンチミステリー】だとするなら、
推理できないのは、魔法幻想などのファンタジーがあるからではない、という事。
ノックスやダインといった「お話」を作る上での決まり事が無い世界で、
誰かが嘘をついたり、ごまかしたり、装飾したりしているから。

私たちが生きるリアルな世界と、限りなく近いというだけなんだと思った。
だからこそ、このうみねこのテーマは、情報リテラシーみたいなものもあるんじゃないかな、と思う。
誰かの武勇伝や脚色、うわさ話に尾ひれがついて、ブラウン管の向こう側の人の発言に隠された意図やねつ造。
私たちはその中からどうやって真実を見つけるのか?
そういったものを箱庭のように詰め込んだのが「うみねこのなく頃に」ではないだろうか。
posted by stem at 17:17| Comment(0) | 竜騎士07の意図を読み解く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

手紙とノックは幻想描写?

ノックと手紙は、大時計の時間がずれていた為、と推理してたんだけど、
赤字で
屋敷以外の全員は、親族会議開始後、屋敷内にて何を行うことも不可能なり
って言われてた。
まぁ、一応この「屋敷以外の全員」がどの段階での全員なのか?は明確じゃないし、
すりぬけは可能なのかな?
そりゃ、屋敷以外の人は、屋敷内で何を行う事もできないよね。当たり前じゃないか。

ノックと手紙推理として、これも完全狂言だという意見もある。
誰だかしらないけど、当主の指輪はバトラのものだと手紙をよこした
この事実だけあればいいわけだから。これもありかと思う。
でも、朝になるまで一度も戻ってこず、以降行方不明のクラウスと、死人がでて黄金がどうのこうのという状況でなくなってくるのに、あんまり意味がないんじゃないか?と思う。
狂言じゃなくて、魔法による書き換えっていうのもあると思うけど。


時計ずらしの線で考えると、誰が置いたのだろうか?

赤字をまとめると、夜の動きは以下の通り。

親族会議以前に、エリカ、ジョージ、ジェシカ、マリア、南條、郷田、熊沢はゲストハウスに移動。郷田、熊沢は朝まで2階にあがっていない。
24時以前に、エリカはゲストハウスの窓の封印を行い、いとこ部屋でジョージ、ジェシカ、マリアの生存を確認(赤字はなし)
24時の時点で、屋敷外にいたのはエリカ、ジョージ、ジェシカ、マリア、南條、郷田、熊沢。
 うちジョージ、ジェシカ、マリアは生存して、いとこ部屋にいた。南條、郷田、熊沢は1階にいた。エリカと南條は3時まで一緒にいた。
24時の時点で、クラウス、夏妃、源次は屋敷二階の廊下。残り全員(ルドルフ、キリエ、エバ、秀吉、ローザ、バトラ、シャノン、カノン)は食堂にいた。24時以降、源次は屋敷から出ていない。源次は電話の取り次ぎ後、控え室に戻った。
24時から1時までの間、食堂の全員(ルドルフ、キリエ、エバ、秀吉、ローザ、バトラ、シャノン、カノン)は退出していない。
1時から3時まで、エリカ、南條、郷田はラウンジで会合を行った。(赤字なし)
1時にローザとエバが食堂から退出。エバは源次の部屋に封印を行い、食堂に戻る。ローザはゲストハウスから、2階へ上がった。
3時にバトラは従兄弟部屋に入り、朝まで不審な動きはしていない。南條は3時から朝まで自室を出ていない。

大時計が遅れていて、例えば12時10分に時計が鳴ったとしたら
従兄弟部屋にいるマリア、ジョージ、ジェシカと、郷田、熊沢には手紙を置く事が可能。
但し、大時計のズレが意図的なものでないなら、そのズレを知らないのはおそらくマリアのみになる。普段から六軒島にいる人間ならずれている事を知っているはずだし、ジョージは時計を持っていた気がする。
逆に大時計が進んでいて、時計が鳴ったのが11時50分だったなら、加えてエリカと南條にも可能になる。エリカが腕時計をしているとは考えにくい。


が、ここまできて問題なのは、手紙を置くのとノックは可能でも
エリカもマリアも、手紙は書けないだろうという事。
そうなるとやはり、手紙もノックも実は無かった、のほうがしっくり来るかもしれない。

posted by stem at 20:24| Comment(0) | トリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さよならベアトリーチェ

そういえば、あまりスレの方では触れられていない気がしたんだけど
ゲーム盤や、推理バトルの層のベアトが元気なんでつい忘れてしまうのか?
バラ庭園にいたGMのベアトリーチェは、蝶になって消えてしまいました。
最期に「うそつき、ありがとう、ごめんね、さよなら」といった言葉を、そしてバトラはベアトに対して「馬鹿」と。

よく分からないうちに、このゲームを作り出した、捻くれ魔女はプレイヤーの前から消えてしまった。
二人の言い方からしても、ベアトリーチェがゲーム盤の中で生きていて何かしてほしかった、という感じではなさそうだと思う。
すでに亡霊状態であったベアトリーチェが、成仏?してしまった感じ。

そういえば、バトラとワルギリアの話でも、
ベアトは碑文の謎が解けても解けなくてもどっちでもよかった、みたいな事を言っていた。
謎に挑戦してもらいたい、そうすることで満足する、と受け止めれた。

もう事実は確定しているのだけれど
それでもバトラに考えてほしかったのだろうか?

蝶となって、バトラの一部となって、それで貴女は救われたのかな?




今まで、バトラとベアトの対立は、読者と作者の対立だと主張してきたが、
ここにきて、作者が読者に投げてきた、と取れなくも無い。
もう全ヒントは渡したんだから、ちょっとこっちの意図が何なのか
考え直してみてよ、と。

「うみねこのなく頃に散」のアイコンは、バトラからエリカになりました。
後半戦のメインキャラクターにエリカを持ってくる気なんでしょうか?
逆の立場になって、今度はエリカをプレイするのか?
それともバトラのまま、今度はベアトの立場でエリカに理解してもらうのか?

少なくともバトラの分身である私たちは、バトラと同じ位置まで行かなければならない。
あの捻くれ娘が、何を伝えようとしていたのか、愛を持って探してあげることが、消えてしまう彼女への弔いだと思うのです。




posted by stem at 02:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

碑文の謎

これも以前板投稿したものなんだが、碑文の謎について書いてみた。
が、ep5の内容から川がリアル川じゃない事などが言及されているので、
前半部分ははずれくさい。
一応書いておくと、イギリスはウィンチェスター地域を金蔵の故郷と捉え、その川を下った先には、タイタニック号の出航した港がある。
金蔵は右代宮家の傍系で、かつ西洋かぶれしていた事から、
幼少時代をこの地で過ごしたのではないかと予想。
で、タイタニック号の船員と縁があったため、沈没後に多額の慰謝料を手に入れることができ、それが財源となったのではないか?と考えた。
タイタニック号の船長の名前がスミスらしく、彼と何かしらの知り合いだったと考えるとおもしろいかなぁ、と。

1〜10の晩は、儀式でもなんでもなく、
金蔵が黄金を手にするまでにおきた出来事で、詳細は煮詰まらないが
タイタニックが6人を生贄に選んで、遺されたスミス氏の妻と娘、ふたりが引き離され、どちらかが金蔵を頼ってきた、その後に物騒な事があった、という流れではないだろうか。
第10の晩「黄金の郷に至る」とは、その経緯で死んでしまった誰かを黄金と共に葬った、郷(ごう)とは墓所を意味するのでは?

作中の金蔵はベアトリーチェに恋慕し、彼女の幻影を追い求めていたようだし、実際自分好みの娘を監禁していた実績もある。
だが、肖像画と碑文自体には、新たなベアトリーチェの復活を求めているようには思えない。
「安らかに眠れ、我が最愛の魔女ベアトリーチェ」とあるように
碑文から読み取れる金蔵の心は、愛しいベアトの安寧だけだ。

ならば、自分が死んだあとも、本当はベアトの隣に葬ってほしいはず。
だけども、ベアトの事を、真実を人に語ることはできない。
だからこうして碑文を残そう。
誰かが本当の意味に気がついて、自分が望むようにしてくれることを願って。



後半は当時投稿したものをそのまま転載。
黄金が本当にあった事がep5で証明されているが、まぁそれでもこれはまだ有効かなぁ?とすがってみたり。

だいたい、ただの黄金置き場を貴賓室にする理由はないし、
黄金以外のものが置いてあって、(たとえば指輪とか)それで何か書いてあるっていうのでもいいし、でもそれじゃあんまり面白くないから
やっぱり、碑文には二重の意味があるんだよーっていう感じのがロマンがあっていいと思うわけです。
この内容を投稿したときも、感想として、ロマンチックだというコメントをいただきました。
やはりこれだけ凝った事してるんですから、複雑な理由があると思うんですよね。

金蔵は魔女との契約で一代限りの黄金だから、といっているけど
それが本当かどうかも分からないし。
後継者を選びたいなら、もっと明確にしてもいいんじゃないか?とも思う。
この碑文を解いた人間がまさしく後継者だ、と本人が言わない事には
ep5のようにgdgdになってしまうと思うんですよね。
一体何のために?というのは突き詰めて考えていくと面白いです。



それと、今日あたりで出ていた新説の碑文解釈。
鮎の川を淡水線(廃線?)として考える。とか、詳細忘れてしまったけど
結構きれいにまとまってた。

個人的には、川が本当の川じゃないなら、
流れていく、時間・時代みたいなものかな?って考えたんだけど
まだうまくまとまらないうちに、淡水線のほうが納得いってしまってます。
ただまぁ、鮎は淡水魚だけど、海にもいける回遊魚なんで、
海に繋がっている川のイメージを大事にしたいなぁと思う次第。



追記:ep5発売後から、ちょっとづつお客様が、しかもブックマークしていただいている?ようで何度も見てくださっている方がいるようで
ありがたい限りです。
個人的なメモばかりで、読みにくいブログではありますが、
皆様の推理の参考になれば幸いです。
今後ともよろしくお願いいたしますです。



posted by stem at 02:07| Comment(0) | ストーリーを組み立てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

ep5投稿内容メモ

ep5の事件背景だけど、
単になつひに「金蔵は死んでいる」って言わせたかっただけ、で大方説明可能。
黄金が見つかった時点で、争点は黄金の継承権が本当にバトラにあるかどうか?
それを判断できるのは唯一金蔵だけで、その金蔵が行方不明扱いになったら、最悪数年間この黄金は宙に浮く形に。
今すぐ大量の金が必要な人間にとっては、金蔵が死んでいるって証言を取る必要がある。
使用人達は、なるべく穏便に忠義を果たしてると思わせたいし、
なつひとクラウスの前でそれを明言する事はできない&二人が折れなきゃ結局泥沼。
二人に「金蔵は死んでいる」と言わせる事だけが、黄金を手に入れる方法。

したがって、クラウス夫妻がいない間に、その方法について相談した。
19年前の男は、元々その情報をもっていた人物がなつひの心を揺さぶろうと、最初の電話をかけており、うまくそれを利用しようと画策した。
黄金が見つかっていなかったとしても、その電話をする事でなつひに金蔵死亡を吐かせる為に精神的圧迫をかけ続けるつもりだった。
で、1時頃にローザが子ども達のもとに行き、2階の別の部屋に移動させる。
3時にバトラもゲストハウスに戻り、一人でいとこ部屋で就寝。
なお、南條への口裏合わせは、電話で行えば問題はない。で、朝狂言を開始。
エリカが最初に部屋に来ないだろう事は、エバとのガムテ封印の話から予測済み。
その後は、残り全員が子ども達の死亡を認める事で、死体を見せないようにする。
魔法陣も、あたかもここで何かがあったと思わせるため。
中立のエリカに、死人が出たと錯覚させることで、なつひにも信じ込ませる。
金蔵の書斎の密室で、バトラがエリカの推理を否定した事で、エリカが確実になつひを犯人だと追い込むように仕向け、更に秀吉の死亡狂言を行い、追いつめていく。
エリカの強行な探偵権限は、設定上だからではなく、エリカに探偵をさせようとしている
全員の総意によって成り立っている。
で、最終的には、不貞の罪まででっちあげるが、ここまで来ても、なつひが折れないのは全員にとって計算外だった。

ラストの第一の晩に死亡、とかいうのは、このゲーム盤においてベルン側が勝利したため、そういう内容に決定した。という事だと思う。

補足:
ゲームがなつひを追いつめた所で終わらせた以上、その後何があっても
赤字を達成する事は可能だと思う。
例えばここから、なつひが逆上して全員ぶっころしたとしても、
全員が、なつひぶっころして以下残りの人間を殺したとしても、赤字は達成される。
事実を見て赤字を綴るんじゃなくて、赤字を綴り、それに見合うようにストーリーを組み立てる事が GMには可能だと解釈したよ。
posted by stem at 19:51| Comment(0) | ストーリーを組み立てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。