2009年08月30日

近鉄名古屋線

【修正しました】
碑文考察を投下した数スレ後には
「ep5では機械操作の記述がある」で看破されたんですが、
改めて自分でep5読み直してみたら
比喩を巧みに使ってるだけで、実際の機械を操作しているとの記述は無いと解釈できた。
むしろ、ep5の記述のおかげで、
比較的強引にすすめてしまった後半部分も、補強できた感じ。

詳細は「続きを読む」からお願いします。

簡単な流れは以下の通り
鮎の川=海、海に出る=産みに出る=産道=山道→海山道=みやまど駅
里=海山道駅から下った先の千里(ちさと)駅
二人が口にし=千里駅をはさむ「中」ノ川と田「中」川
岸=伊勢湾
鍵6人の生贄=伊勢湾から取り出すイヨノハカシの6文字
生贄を殺す元の文字=近鉄名古屋線の全駅名
第一の晩=駅名からイヨノハカシが付くものを除外
第二の晩=残っているもののうち2駅連続している部分も除外
第三の晩=ここまでで残っている駅の一駅前をみる。
ここまでで「ふかしちいえひ=深し(不可視?)地遺影」となる。
その後第二の晩までに生き残った駅を始発に近い場所から、
人の体に見立てて、除外していくと
最終的に残るのは「みやまど」と「ちさと」の2駅のみ
女性名「みやまどちさと」が浮かび上がる事で、第九の晩
第十の晩で、旅の最終地が黄金(こがね)駅だと言われるので、
最終地がこがねになるように、始点が伊勢中川駅だという事にする。
全体を俯瞰してみると、海山道から伊勢、そして黄金郷へと進むのが分かる。
海へ通じる山道から、伊勢(神社)へ、「深し地遺影」をヒントにして、
黄金郷に至る事が可能となる。続きを読む
posted by stem at 14:52| Comment(0) | 碑文の謎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ep3絵羽碑文読解の抜粋

ep3の碑文解読の流れ。
ほぼ原文だが、…や無駄な描写は省いている。

続きを読む
posted by stem at 14:46| Comment(0) | 碑文の謎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。