2014年04月26日

うみねこ読了して

ep8まできちんと読んでいたにも関わらず、なぜか自分のblogを見てみると、ep6あたりで止まっている。
これは専ら自分の方の都合であり、最後まで読んでアンチになったとかそういうのではない(笑)

世間では、全体的な評価としてあんまり芳しくないものになっているような気がするが、
私個人としては、惜しい部分はあるけれど、十分に楽しませてもらった作品だったと思う。
本気できちんと向き合った人間としては、この物語の構成や動機、結末の書き方も納得できる形だったと思う。
ただ、やっぱり、推理をネット上で公開して楽しみましょうを全面に出しているにも関わらず、
答え合わせが「明確」でなかったという点において、不満が出るのも仕方なかったのかなぁとも。
そういう形でなかったなら、こういう結末の書き方でも、もっと評価されていたと思う一方、
多くの人に読まれる作品にもならなかったような気もする。

広く認知され、多くの人に楽しまれる娯楽作品というのと、
複雑で難解な答えを明示されない作品というのを両立させるというのは、すごく難しいんだろうなぁ、と思うわけです。
実際、魔法バトルシーンはかっこ良かったけど、物語の根本には関係ないし、文章をもっと洗練させていれば
もっと短く作品をまとめられたんじゃねーのと思わずにはいられない。


あと、ヤスの動機に対して理解できない、共感できないっていうのもよく目にした。
これは虐待を受けて育った子どもが、人格形成に問題を抱えて異常殺人を起こすっていうパターンと似てると思う。
親の愛情を受けずに育った子どもは、愛情の示し方や愛情の受け取り方を学んでなくて、すごく不器用だったり、自己承認するのがすっごく苦手だというのが、多いのです。
絶対守ってくれるはずの親が居ないってのは、それだけで不安なもの。
自分だけの力で生きていかなければならないというのは、すごくストレスを感じる日常なはず。

物忘れが多くて、それを魔女のせいにするという「設定」を作るくだりがあったけど
自分の力ではどうしようも出来ない事に対して「理由」を作りたいのも人間の本能的なものだと思う。
分からない事があるというのは、これも人間にとってすごくストレスを感じる事で、
自分の中で何かしら納得しておければ、心の安定を保てるわけだ。
ヤスの場合も、物忘ればかりする自分が居て、それを慰めてくれる保護者も居なければ、自己承認(自分で自分を元気づけたりする事)も下手なので、自己嫌悪する他無かった。
どうして自分はこんなにダメなんだろうと、心がすりきれる寸前で出会ったのが、魔女のお話だったのだ。
魔女が私に意地悪をするからで、自分が悪い訳ではない。だからどんなに叱られても大丈夫。そう考えた。
そうして、魔女の姿をどんどんリアルにしていく事で、本当にそれが居ることを信じきってしまう。

虐待を受けた子どもが多重人格になる仕組みを端的に言うと、
現状から逃げたくても逃げれない状態において、この苦痛な状態にあるのは自分ではないと思い込み、
別の人格を作り上げてしまうものである。
人は極度のストレス下に置かれた時、普通の状態では思いもつかないような方法で自分自身の心を守る。
ヤスの場合は、他の人格を知っていたり、意思疎通が図れている事から、完全な多重人格とは言い切れないが
全然違う人格がいて、それぞれが目的を持って役割を振られているのは、多重人格のそれと同じだ。

あまりにも複雑な生い立ちすぎて、
劇中で細かく描かれながらも、イマイチ読者に理解されなかったのは残念でしかたない。
個人的には、ヤスの思考も動機も十分に理解できるものであったと思うけど。
時間を見つけて、またこの辺をきれいにまとめられたらなぁ。



で、「うみねこのなく頃に」は、
ヤスの作った物語をベースにして、
死んでしまったヤスに対しての謝罪と、バトラ自身の気持ちの整理のために、
そして、今を生きる縁寿のためのメッセージを込めて作った物語。
ただし、伝達方法はネットでアップするという不確かなものなので、
縁寿以外の興味本位でしか見ていない人間にとっては興味を削がれる形で。
でも、読み物として完成させ、真実を知りたいと思う幾子の思惑も混ざりつつ。
最終的に私たち読者が見るのは、更に竜騎士フィルターがかかった物語。
これもまぁ複雑な構造をもった作りになってるような気もする。

コミケで発表されるサークルが作っていると思うから許される描写なのだが、
これが実際は「人の子よ…」とか達観しきってる感じの幾子が書いてるとすっごい違和感(笑)
幾子が書いてるのは、ep1のエンドロール後の文章の所みたいな感じなんだろうな。
※嵐が過ぎ去って、……あれだけ長いこと島を包んでいた重苦しい雲が、晴れていきます。
雲間からは木漏れ日が差し、……昨日までの嵐がまるで嘘だったかのよう。
船着場には、誰かが望んだとおりに、再びうみねこたちが帰ってきて、にぎやかな鳴き声を聞かせてくれました。

クヒヒヒヒ…ヒャーハッハ!! とかも、幾子の文章なら、「ベアトリーチェは声高に笑うのでした」で終わり。
…いや、読者が求めているのは、やっぱり竜騎士氏の文章だったと思う。あの文に引き込まれていたのだから。




posted by stem at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。