2015年11月15日

縁寿の欠席が決まっていた理由

ボトルメッセージの内容と現実世界での事で一致していた点として、
縁寿が親族会議にこなかった事が挙げられる。

ストーリー上、説明されていなかったが、自分なりに理由を考えた。

縁寿は、真里亞とベアトと共にマリアージュ=ソルシエールに参加していたが、
破門されてしまっている。
これは、一度魔法を否定することが確定してしまっているという事で、
ベアトの、全員が魔法を認めれば、黄金郷で全員が幸せになれるという考えの基、
縁寿をその全員に含めると、その可能性がなくなってしまうと考えたためだと思う。
なので、縁寿が欠席する事は、ベアトの強い意志があっての事で、
だからこそ、ボトルメッセージからは、縁寿の存在が無くなっていたのだ。

逆に言うと、全員で黄金郷という話は、ヤスにとって拠りどころの一つであり、
本当に信じきっていたのだと感じる。
大量殺人を決意した時に、心の平穏を保つために、死んでもハッピー、と思い込んだと言えなくもないけど、
どちらかといえば、元々、肉体にとらわれる事なく、人格によって魂が分けられるなら、
みんなが幸せに暮らせるはずだという、強い思いがあったからこそ、
みんなの肉体がなくなれば、それはそれでいいんじゃないかという、結論に至ったのだと思う。



蛇足
六軒島に嵐が来たと言う設定については、
1週間程度の時間的猶予があったとすれば、台風の予測はできていたかもしれない点と、
元々太平洋の島であれば、この時期天気が悪化する事も多かった点から、
ボトルメッセージと実際が重なったのは確率の高い偶然だったと思う。
別に、台風が来なくても、電話線を切ってしまえば、文字通りの孤島だし。
当たれば、信憑性が増すなぁ〜程度だったと思うけど、
読解側からすれば、この偶然性はノイズにしかならなかったと思う。
posted by stem at 10:37| Comment(0) | ストーリーを組み立てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。