2009年08月19日

碑文の謎

これも以前板投稿したものなんだが、碑文の謎について書いてみた。
が、ep5の内容から川がリアル川じゃない事などが言及されているので、
前半部分ははずれくさい。
一応書いておくと、イギリスはウィンチェスター地域を金蔵の故郷と捉え、その川を下った先には、タイタニック号の出航した港がある。
金蔵は右代宮家の傍系で、かつ西洋かぶれしていた事から、
幼少時代をこの地で過ごしたのではないかと予想。
で、タイタニック号の船員と縁があったため、沈没後に多額の慰謝料を手に入れることができ、それが財源となったのではないか?と考えた。
タイタニック号の船長の名前がスミスらしく、彼と何かしらの知り合いだったと考えるとおもしろいかなぁ、と。

1〜10の晩は、儀式でもなんでもなく、
金蔵が黄金を手にするまでにおきた出来事で、詳細は煮詰まらないが
タイタニックが6人を生贄に選んで、遺されたスミス氏の妻と娘、ふたりが引き離され、どちらかが金蔵を頼ってきた、その後に物騒な事があった、という流れではないだろうか。
第10の晩「黄金の郷に至る」とは、その経緯で死んでしまった誰かを黄金と共に葬った、郷(ごう)とは墓所を意味するのでは?

作中の金蔵はベアトリーチェに恋慕し、彼女の幻影を追い求めていたようだし、実際自分好みの娘を監禁していた実績もある。
だが、肖像画と碑文自体には、新たなベアトリーチェの復活を求めているようには思えない。
「安らかに眠れ、我が最愛の魔女ベアトリーチェ」とあるように
碑文から読み取れる金蔵の心は、愛しいベアトの安寧だけだ。

ならば、自分が死んだあとも、本当はベアトの隣に葬ってほしいはず。
だけども、ベアトの事を、真実を人に語ることはできない。
だからこうして碑文を残そう。
誰かが本当の意味に気がついて、自分が望むようにしてくれることを願って。



後半は当時投稿したものをそのまま転載。
黄金が本当にあった事がep5で証明されているが、まぁそれでもこれはまだ有効かなぁ?とすがってみたり。

だいたい、ただの黄金置き場を貴賓室にする理由はないし、
黄金以外のものが置いてあって、(たとえば指輪とか)それで何か書いてあるっていうのでもいいし、でもそれじゃあんまり面白くないから
やっぱり、碑文には二重の意味があるんだよーっていう感じのがロマンがあっていいと思うわけです。
この内容を投稿したときも、感想として、ロマンチックだというコメントをいただきました。
やはりこれだけ凝った事してるんですから、複雑な理由があると思うんですよね。

金蔵は魔女との契約で一代限りの黄金だから、といっているけど
それが本当かどうかも分からないし。
後継者を選びたいなら、もっと明確にしてもいいんじゃないか?とも思う。
この碑文を解いた人間がまさしく後継者だ、と本人が言わない事には
ep5のようにgdgdになってしまうと思うんですよね。
一体何のために?というのは突き詰めて考えていくと面白いです。



それと、今日あたりで出ていた新説の碑文解釈。
鮎の川を淡水線(廃線?)として考える。とか、詳細忘れてしまったけど
結構きれいにまとまってた。

個人的には、川が本当の川じゃないなら、
流れていく、時間・時代みたいなものかな?って考えたんだけど
まだうまくまとまらないうちに、淡水線のほうが納得いってしまってます。
ただまぁ、鮎は淡水魚だけど、海にもいける回遊魚なんで、
海に繋がっている川のイメージを大事にしたいなぁと思う次第。



追記:ep5発売後から、ちょっとづつお客様が、しかもブックマークしていただいている?ようで何度も見てくださっている方がいるようで
ありがたい限りです。
個人的なメモばかりで、読みにくいブログではありますが、
皆様の推理の参考になれば幸いです。
今後ともよろしくお願いいたしますです。



posted by stem at 02:07| Comment(0) | ストーリーを組み立てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。