2009年08月20日

アンチファンタジーVSアンチミステリー

以前の日記(「黄金」と「無限」の世界観)で
この単語について、ベアトが黄金と無限、両方の魔法が扱える事から
アンチファンタジーとアンチミステリーも共存するものではないか?と考えた。

しかしep5では、
【ファンタジー】がある世界で、
ファンタジーを否定する【アンチファンタジー】という立場をとっていた私たちが
【ミステリー】に則るようにと言われた。
【アンチミステリー】とは?という疑問には、バトラは答えていない。

わざわざ「ファンタジーを否定する」をミステリーと言わなかったのは、
単にそのほうがキャッチとして好ましかったからではないと思う。
アンチファンタジー(推理可能)とミステリー(推理可能)。同じようで、同じではない。
私たちはミステリーの立場で推理する事は求められていない。アンチファンタジーの立場で推理する事を求められている。
ep5でノックス十戒が出てきたが、これは物語を読み解く上での
思考の杖になるといわれた。思考の杖にしかならないのだと思う。
うみねこはミステリーでは無いのだから、ノックス十戒に従う必要も無いのだ。
だが、それでもアンチファンタジーとミステリーの似た部分が、ノックス十戒を参考にすることで、推理しやすくなると思うよと言っているだけなのではないだろうか。

アンチミステリー(推理できない)とファンタジー(推理できない)はどうか?
ベアトはファンタジーの存在ではなく、アンチミステリーの存在?
アンチミステリー、ミステリーでは無い、推理はできない、というのは
確かにファンタジーを含む場合もあるだろう。
だが、あえて【ファンタジー】ではなく【アンチミステリー】だとするなら、
推理できないのは、魔法幻想などのファンタジーがあるからではない、という事。
ノックスやダインといった「お話」を作る上での決まり事が無い世界で、
誰かが嘘をついたり、ごまかしたり、装飾したりしているから。

私たちが生きるリアルな世界と、限りなく近いというだけなんだと思った。
だからこそ、このうみねこのテーマは、情報リテラシーみたいなものもあるんじゃないかな、と思う。
誰かの武勇伝や脚色、うわさ話に尾ひれがついて、ブラウン管の向こう側の人の発言に隠された意図やねつ造。
私たちはその中からどうやって真実を見つけるのか?
そういったものを箱庭のように詰め込んだのが「うみねこのなく頃に」ではないだろうか。
posted by stem at 17:17| Comment(0) | 竜騎士07の意図を読み解く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。