2009年08月24日

手紙とノック追記

以前の手紙とノックの推理。なぜかリンク設定できない。
http://umineko-memo.seesaa.net/article/126044131.html

狂言説できれいにまとめてる割には、この手紙とノックについて狂言説を採用したいと思わない。
理由は単純におもしろくないから。

というか、ep5通しての狂言というのも、どんでんがえしが来る可能性もあるというか。
ep5の落とし穴は、エリカの探偵権限がしくまれたものだというのと、
あとノックスも単なる赤字でしかないのに、さもルールのようにのさばってて、こっちのほうはうまく竜騎士の洗脳がうまくいったんだろうなと思う。
ノックス十戒だからとか、十戒に抵触するからっていって、推理とめちゃってるのは、魔女に屈服してるのと同じだぜ。
信頼できる駒にみせかけて、じつはすっごいキャラでした!ってワルギリアでやったパターンなのに、おれはだまされないぞ!!!1

話がずれました。今回の話がいくら狂言説に傾いているからといって、全部が全部それでまとめるほど面白くないものはないです。
大時計の時間がずれている可能性がある、という事の方が

腕時計をしている人間もいるのに何故ずらす必要があったのか?
手紙を置いた人間は、大時計がずれていた事を知らなかったのではないか?
じゃあなんでずれてたのかっていうのは
他の第三者がずらしたって可能性と、ゲーム盤共通で元々ずれてる時計だった
の二つの可能性がある。

12時でゲーム終了なのに、ep1のラストとか大時計の音の時点では子ども達は生きてる。
これ、大時計の時間が少し早いって事なら、その音のところでゲーム終わらせてるけど、@5分、10分は余地があって、書き換え可能って意味なのかなと、思うわけです。
posted by stem at 02:42| Comment(0) | トリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。