2009年09月07日

赤字とは何か?

先日板で、「赤字は嘘まみれなんじゃねーの?」という趣旨の書き込みを見ました。
赤字を否定する事は、不明瞭な物語の基盤すら無くなるって事で、さすがにそれじゃあこのゲームに挑めなくなるだろうと思うけれど、
改めて赤字って何なのさ?と思う次第です。


赤字とは
真実を語る時、赤を使うことにする
より、赤字=真実。

真実
真実(しんじつ)とは、本当のこと。偽りでないこと。歪曲や隠蔽や錯誤をすべて排したときに明らかにされる事をいう。

「真実は複数あるが、事実は1つしかない」のように良く言われる。多くの場合、真実は事実に対する人の評価(真偽)を伴う。そのためしばしば、「信念」や「信義」と連関する事がある。その意味で、真実はカントの言う権利問題である。真実および事実は認定が必要である。裁判所における「事実認定」には、カントの言う事実問題における認識のほか、同じく権利問題における認定を伴う。

権利問題のクラスにおいては、真実は人によって認識(認定)が異なるとするのが通常である。しかし、事実問題のクラスにおいて見ると、1つであると通常は考えられている事実も、一義的なものではないとされる。

一般的な意味においては、認識の主体と客体について考えてみると、「現実」は主体から見た客体に対する視点の問題であり、「実在」は主体から分離された客体としての「存在」であり、「現象」は主体が認識した客体であり、また「存在」は「現象」により構成される。

そのため、「主体」は「現象」により構成されないものを「存在」として認識する事ができない。そう言ったものをカントは「物自体」として仮定した。


以上Wikiより転載。
ついでに見ておきたい用語は
真理
真実と概ね同義であるが、真理というときは、事象を統制したり秩序化する原理としての側面が注目され、あるいは普遍妥当性ないし永遠性が強調される。

現実や事実と異なり、真理は妨害・障害としての錯誤・虚偽を対義語としており、露わにすること、明らかさ、隠れなさをニュアンスとして持つ。この観点からいえば、他のものと取り違えられもせず、認識の過程で歪曲されもしていない、ということが意味的な核心にある。



これを読むと、私たちは現在一般的に、真理と同じ意味合いで真実という言葉を用いている事がわかる。
普遍性が高いという意味では真理の方がより、「本当のこと」というニュアンスが強いが、まぁだいたい同じかんじ。
コナンのキメ台詞「真実はいつもひとつ!」も、その「真実」というものを明確にする事が、物語を理解できる指標なのだと、私たちは認識しているのだと思う。

だが、うみねこの物語を見ればわかるように、うみねこの赤字=真実は、「他のものと取り違えられもせず、認識の過程で歪曲されもしていない」という面が皆無だと分かる。
曲解せずに受け止めたら、矛盾だらけだから。

六軒島の真実はひとつ。
このフレーズの真実だけは、「本当のこと。偽りでないこと。歪曲や隠蔽や錯誤をすべて排したときに明らかにされる事」だろうが、
(物語の答え的な意味で)
それと、ゲーム上で言われている「真実」の性質が違うという事は念頭に置きたい。

ゲーム上で言われる「真実」とは、
「真実は複数あるが、事実は1つしかない」といわれる類のもの。
つまり、「真実」を語る人それぞれで異なるものだという事。
それぐらい曖昧なものだという事だ。


ベアトリーチェの赤字の使い方は、

ある老夫婦が、桃太郎という子どもを育てた。
桃太郎は、室内にいた人物を全員殴打し、室内から出た。
その際、室内から価値のある品を持ち出した。
桃太郎は、自宅から出て、犬猿雉と出会い、ある物品と引き換えに仲間になることを契約させた。

こんな感じだと思う。
桃太郎のストーリーを知っている人間からすれば、確かに真実ではある。

赤字は、真実ではある。だが、真実でしかないのだ。






これは、私の認識の話だが、
うみねこの世界はジグソーパズルのようなもの。
だが、今までの物語ではその主要なピースは、何一つ示されていない。
他の情報をつなぎ合わせることで見えてくる、見えない欠けたピースがあり、その見えない欠けたピースをつなぎ合わせることでしか、パズルの風景は見えてこないと思うのだ。
今までの物語の表面上をたどったとしても、そこに見えるのは、ピースの色合いがどういうものか、というだけで、ピースの形は見えてこない。
ついでに、入らないピースがまじってたりもするような、相当難易度の高いパズルゲームだ。
【関連する記事】
posted by stem at 09:18| Comment(0) | 赤字考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。