2016年06月21日

ヤスのルーレットの意味

久しぶりに、他のサイトさんの考察なんかを見たりすると、非常に触発され、
これもう1年ぶり以上だろと思いながらも、筆をとった。

碑文の謎と譲治・碑文殺人の謎と戦人
が対になっている理由、叶わぬ場合の黄金卿
碑文が解かれる可能性も、碑文殺人が解かれる可能性も、ヤスにとっては奇跡の目



譲治と結ばれる
これが並大抵の事ではないのは、ep2を中心に語られてきた。
跡取りとしての野望を捨てていない絵羽にとっては、譲治の結婚相手は非常に大切な問題なのだ。
真の右代宮家当主であるヤスには、親族の金銭的問題を解決するだけの力が有る。
にもかかわらず、ヤスは自らが真の当主であることを言わない。
何故なら、真の当主であると正当性を主張するには、碑文を解いた事だけでは認められず、
自身の血筋を証明しなければならないからだ。
即ち、金蔵の娘であり、孫である事。譲治の叔母という関係だという事。
当主である事を認めさせた時点で、譲治との婚姻は不可能となる。

だからこそ、碑文が解かれる事で、新たな当主を作ろうとしたのである。
自分が当主の座から降りさえすれば、かつ、誰もが認める新当主が親族の金銭問題を解決するならば、
絵羽は当主への未練を断ち切り、譲治との結婚を認める可能性が万が一にも残るのである。

ただし、誰でも新当主になったところで、解決するわけではない。
親世代が強欲な描写からも、彼らが新当主になったところで、新な火種になりかねない。
子世代の誰か(真里亞は楼座の傀儡になるだろうが)が、新たな当主となれば、平和的に解決する可能性がある。
※実際には理御が当主であっても惨劇は起きるので、回避できない現実はあるけれど
毎日碑文に接しているジェシカが、今更解ける可能性は低い。
子どもの真里亞にも、難しいだろう。
残ったのは、譲治と戦人。
譲治が当主となった場合、当主の妻として身辺を調べられたり、子どもができない事で周りから非難される事が容易に想像できる。荊の道だ。
戦人が当主となった場合が最も都合がよく、絵羽は跡取りとしての野望を完全に打ち砕かれる事から、譲治の恋を認める可能性もある。
逆に最も、ヤスにとって都合が悪いのは絵羽が解く場合で、この場合跡取りである譲治への制約は強くなる一方だと思われる。
ボトルメールを通して、碑文の謎を解いてみろと、戦人に強く伝えているのには、そういった意図もあるんじゃないだろうか。

碑文を解く人が現れる事で、当主の座から降り、譲治と結ばれる。という願いがここにある。
ただし、結ばれる譲治には一生伝えられない秘密を抱えながら、ではあるのだけれど。
そして、現実としては、最悪のパターンとして絵羽が解いてしまい、譲治との結婚は更に絶望的となってしまっているのだけれど。



碑文殺人の謎を解いたら、の方はすでに語られ尽くした部分だとは思うが、
回答者は戦人ひとりにしぼられており、この謎を解く事で、ヤスの恋心に気づいてくれたならば、
どれだけの想いを秘めていたのかを、そしてそれを受け止めてくれるならば、
譲治には決して言えない、自分の秘密を全て理解してくれるならば、と思っている。

紗音が昔戦人の事が好きだった、という単純な恋心ではないのだ。
この碑文殺人の謎を解くということは、紗音が何年も戦人を待ち続けた上に、
ベアトとして当主となってしまった事、
紗音・嘉音・ベアトの人格をそれぞれ作り出した事に想いを馳せ、
最終的に戦人とも譲治とも結ばれないのならば、皆殺しにするつもりだったという狂気、
そういったもの全てを理解しなければ、謎は解けない。
それらを全て理解した上で、私を愛してくれるならば、
当主としての全てを投げ捨てて、戦人と二人で生きて行く事ができると考えたのだと思う。

実際は、碑文が解かれた上に、譲治との恋は絶望的となった。
また、碑文殺人はやめたにも関わらず、惨劇は起こり、絵羽は逃げ出し、自分と戦人は生き残った。
最初からどちらかとの恋が叶う可能性も低かった。
だから、せめて黄金卿での幸せを・・・。それすら猫箱が閉じきれない事で叶わない。
ヤスの悲痛な思いが突き刺さる。
posted by stem at 18:27| Comment(0) | ストーリーを組み立てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。