2009年08月25日

まとまらないメモと他の可能性

24時の時点で、2階廊下にいた、蔵臼、夏妃、源次の3人と、食堂にいた全員以外の、一切のニンゲンは屋敷内に存在しなかった
24時の時点で、屋敷以外に存在するのは、ヱリカ、譲治、朱志香、真里亞、南條、郷田、熊沢のみである


24時の時点で、
屋敷以外【ヱリカ、譲治、朱志香、真里亞、南條、郷田、熊沢】
屋敷の二階廊下【蔵臼、夏妃、源次】
食堂【残りの全員】
それ以外の場所にはニンゲンは存在しない。

■手紙
蔵臼、夏妃、源次の3人は、その手紙に触れてさえいない!
24時の時点で屋敷内にいた誰一人! あの手紙を廊下に置いた者はいないわ


手紙を置いたのは24時の時点で屋敷内にはいなかった人物

屋敷内の誰一人、手紙を廊下に置いた者はいない
屋敷内の誰一人の意味が不明瞭
24時の時点で屋敷内にいた人物は誰一人、廊下に手紙を置かなかったのか
手紙は廊下に置かれず、持参されていたのか?
手紙はそもそも実在するのか?

■ノック
彼らは誰もノック音を誤認しない。蔵臼、夏妃、源次の3人はノックにかかわっていない。それ以外の人物は誰も屋敷内に存在もしない。そしてノックは、直接扉の前に立ち、手で扉を叩く行為を指す。

蔵臼、夏妃、源次以外の人物は誰も屋敷内に存在しない。
文章どおり読めば、屋敷内には「食堂含めて」誰もいないという事になる。
24時の時点では食堂に人はいるので、この赤字は24時時点での事について言っているのではない。

■その他
屋敷以外の全員は、親族会議開始後、屋敷内にて何を行なうことも不可能なり。

いつの時点での話か明確になっていないが、親族会議開始後だろうがいつだろうが、屋敷にいない人間は、屋敷内で何を行うことも不可能だというだけ。


以上の事から、手紙は
屋敷の二階廊下【蔵臼、夏妃、源次】は触れておらず、
手紙が廊下に置いていたなら、置いた人物は、屋敷以外【ヱリカ、譲治、朱志香、真里亞、南條、郷田、熊沢】
手紙が廊下に置かれていないなら、手紙を用意した又は手紙があるとしたのは、食堂【残りの全員】

ノックは屋敷の二階廊下【蔵臼、夏妃、源次】以外。

ただし、これらすべてが狂言である可能性は否定できない。


--------------------------------------------------
脱線
シャノンカノン同一説があるが、
その派生である、シャノンもカノンも実在するが、2日間に来ているのはいずれか一人で、一人二役を演じている、というものがある。
探偵役にはいまだ同時に観測されていない。
私はこの説の根拠として、二人が変装可能な双子であると考える。
同じ16歳と思われ、顔立ちも似ていて、またテキストからは「二人が兄弟である事は否定されていない」からだ。

シャノンとカノンについては、ジョージが「カノンはシャノンの弟だ。」と言い、カノンはこれに対して「弟というわけでは…。でも姉と慕ってくれる」と言っている。
カノンは「弟というわけでは…」とあたかも兄弟であることを否定するような発言をしている。
しかし、この言葉の真意が、「どちらが弟・妹かは分からない。私たちは孤児院出身なのだから。」という意味なら、双子の可能性は消えない。
また、いつからなのかしらないが、シャノンは六軒島に住み込みで働いている
単純に福音の家出身であるから姉だと慕っているとしたら、カノンが勤め始めるまでの間、長く会っていなかった可能性がある。
実の兄弟だと考えたほうが自然だろう。


この説が有効ならば、この24時の時点で、食堂にはスーツベアトリーチェがいた可能性がある。
クラウスと夏妃が退出した後、ベアトは実に自然に食堂の扉をノックし、そして手紙を差し出した。というのも面白いかもしれない。

脱線しすぎたが、そういう方向性で探ってみるのもいいかも。
自分で考えた案も、それにしがみつかずに、いろんな可能性を模索して遊びたい。
posted by stem at 05:25| Comment(0) | トリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤字はただ真実であるだけ

赤き真実はただ真実であり、証拠も証明も、議論の余地も必要ない!!

譲治は死後、遺体は一切、移動されていない!
朱志香は死後、遺体は一切、移動されていない!
真里亞は死後、遺体は一切、移動されていない!
楼座は死後、遺体は一切、移動されていない!
源次は死後、遺体は一切、移動されていない!
蔵臼は死後、遺体は一切、移動されていない!
よって、遺体発見後に遺体が消失することはありえないッ!!


探偵ヱリカが子ども部屋を見た時、そこに死体が無かったことから、
エリカが観測するまでに子ども部屋で殺人は起きていない。



ゲストハウスには、24時の時点で、譲治、朱志香、真里亞は生存していて、2階のいとこ部屋にいた。南條、郷田、熊沢は1階にいた。
午前1時から事件発覚まで、いとこ部屋での犯行は不可能です!!
いとこ部屋の4人の死亡は赤き真実で宣告されている!! そしてその遺体は大勢が確認していますッ!! そして全ての死体は検死を誤らないとすでに赤き真実で宣言済みです…!!


譲治、朱志香、真里亞、楼座、源次の死体は、誰が見ても、一目で死亡が確認できる
死んだフリなど絶対にありえぬ、誰もが一目で死亡を確認できる死体であるわ。
譲治、朱志香、真里亞、楼座、源次の5人はちゃんと死んでるわよ


「事件発覚時」には、こども部屋に死体はない。
したがって、
遺体は大勢が確認しています
というのは、「事件発覚時」に遺体が確認されたのではないという事。
つまり、赤字はその赤字が出た時点と限定されないものである。




この法廷が開廷した時、ラムダデルタ卿は宣言しておりますよ。24時を迎えての答え合わせと!

以上の事から、すべての赤字は24時を迎えての真実と考えられる。
訂正、赤字がいつの時点のものかは、明言されていない以上、2日目の24時の時点での真実と言われる可能性がある。
また、ある一定の時間においては赤字であっても、その後の赤字が無いだけで、その赤字自体上書きも可能である。
posted by stem at 04:03| Comment(0) | トリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

手紙とノック追記

以前の手紙とノックの推理。なぜかリンク設定できない。
http://umineko-memo.seesaa.net/article/126044131.html

狂言説できれいにまとめてる割には、この手紙とノックについて狂言説を採用したいと思わない。
理由は単純におもしろくないから。

というか、ep5通しての狂言というのも、どんでんがえしが来る可能性もあるというか。
ep5の落とし穴は、エリカの探偵権限がしくまれたものだというのと、
あとノックスも単なる赤字でしかないのに、さもルールのようにのさばってて、こっちのほうはうまく竜騎士の洗脳がうまくいったんだろうなと思う。
ノックス十戒だからとか、十戒に抵触するからっていって、推理とめちゃってるのは、魔女に屈服してるのと同じだぜ。
信頼できる駒にみせかけて、じつはすっごいキャラでした!ってワルギリアでやったパターンなのに、おれはだまされないぞ!!!1

話がずれました。今回の話がいくら狂言説に傾いているからといって、全部が全部それでまとめるほど面白くないものはないです。
大時計の時間がずれている可能性がある、という事の方が

腕時計をしている人間もいるのに何故ずらす必要があったのか?
手紙を置いた人間は、大時計がずれていた事を知らなかったのではないか?
じゃあなんでずれてたのかっていうのは
他の第三者がずらしたって可能性と、ゲーム盤共通で元々ずれてる時計だった
の二つの可能性がある。

12時でゲーム終了なのに、ep1のラストとか大時計の音の時点では子ども達は生きてる。
これ、大時計の時間が少し早いって事なら、その音のところでゲーム終わらせてるけど、@5分、10分は余地があって、書き換え可能って意味なのかなと、思うわけです。
posted by stem at 02:42| Comment(0) | トリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

手紙とノックは幻想描写?

ノックと手紙は、大時計の時間がずれていた為、と推理してたんだけど、
赤字で
屋敷以外の全員は、親族会議開始後、屋敷内にて何を行うことも不可能なり
って言われてた。
まぁ、一応この「屋敷以外の全員」がどの段階での全員なのか?は明確じゃないし、
すりぬけは可能なのかな?
そりゃ、屋敷以外の人は、屋敷内で何を行う事もできないよね。当たり前じゃないか。

ノックと手紙推理として、これも完全狂言だという意見もある。
誰だかしらないけど、当主の指輪はバトラのものだと手紙をよこした
この事実だけあればいいわけだから。これもありかと思う。
でも、朝になるまで一度も戻ってこず、以降行方不明のクラウスと、死人がでて黄金がどうのこうのという状況でなくなってくるのに、あんまり意味がないんじゃないか?と思う。
狂言じゃなくて、魔法による書き換えっていうのもあると思うけど。


時計ずらしの線で考えると、誰が置いたのだろうか?

赤字をまとめると、夜の動きは以下の通り。

親族会議以前に、エリカ、ジョージ、ジェシカ、マリア、南條、郷田、熊沢はゲストハウスに移動。郷田、熊沢は朝まで2階にあがっていない。
24時以前に、エリカはゲストハウスの窓の封印を行い、いとこ部屋でジョージ、ジェシカ、マリアの生存を確認(赤字はなし)
24時の時点で、屋敷外にいたのはエリカ、ジョージ、ジェシカ、マリア、南條、郷田、熊沢。
 うちジョージ、ジェシカ、マリアは生存して、いとこ部屋にいた。南條、郷田、熊沢は1階にいた。エリカと南條は3時まで一緒にいた。
24時の時点で、クラウス、夏妃、源次は屋敷二階の廊下。残り全員(ルドルフ、キリエ、エバ、秀吉、ローザ、バトラ、シャノン、カノン)は食堂にいた。24時以降、源次は屋敷から出ていない。源次は電話の取り次ぎ後、控え室に戻った。
24時から1時までの間、食堂の全員(ルドルフ、キリエ、エバ、秀吉、ローザ、バトラ、シャノン、カノン)は退出していない。
1時から3時まで、エリカ、南條、郷田はラウンジで会合を行った。(赤字なし)
1時にローザとエバが食堂から退出。エバは源次の部屋に封印を行い、食堂に戻る。ローザはゲストハウスから、2階へ上がった。
3時にバトラは従兄弟部屋に入り、朝まで不審な動きはしていない。南條は3時から朝まで自室を出ていない。

大時計が遅れていて、例えば12時10分に時計が鳴ったとしたら
従兄弟部屋にいるマリア、ジョージ、ジェシカと、郷田、熊沢には手紙を置く事が可能。
但し、大時計のズレが意図的なものでないなら、そのズレを知らないのはおそらくマリアのみになる。普段から六軒島にいる人間ならずれている事を知っているはずだし、ジョージは時計を持っていた気がする。
逆に大時計が進んでいて、時計が鳴ったのが11時50分だったなら、加えてエリカと南條にも可能になる。エリカが腕時計をしているとは考えにくい。


が、ここまできて問題なのは、手紙を置くのとノックは可能でも
エリカもマリアも、手紙は書けないだろうという事。
そうなるとやはり、手紙もノックも実は無かった、のほうがしっくり来るかもしれない。

posted by stem at 20:24| Comment(0) | トリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。