2016年06月21日

ヤスのルーレットの意味

久しぶりに、他のサイトさんの考察なんかを見たりすると、非常に触発され、
これもう1年ぶり以上だろと思いながらも、筆をとった。

碑文の謎と譲治・碑文殺人の謎と戦人
が対になっている理由、叶わぬ場合の黄金卿
碑文が解かれる可能性も、碑文殺人が解かれる可能性も、ヤスにとっては奇跡の目



譲治と結ばれる
これが並大抵の事ではないのは、ep2を中心に語られてきた。
跡取りとしての野望を捨てていない絵羽にとっては、譲治の結婚相手は非常に大切な問題なのだ。
真の右代宮家当主であるヤスには、親族の金銭的問題を解決するだけの力が有る。
にもかかわらず、ヤスは自らが真の当主であることを言わない。
何故なら、真の当主であると正当性を主張するには、碑文を解いた事だけでは認められず、
自身の血筋を証明しなければならないからだ。
即ち、金蔵の娘であり、孫である事。譲治の叔母という関係だという事。
当主である事を認めさせた時点で、譲治との婚姻は不可能となる。

だからこそ、碑文が解かれる事で、新たな当主を作ろうとしたのである。
自分が当主の座から降りさえすれば、かつ、誰もが認める新当主が親族の金銭問題を解決するならば、
絵羽は当主への未練を断ち切り、譲治との結婚を認める可能性が万が一にも残るのである。

ただし、誰でも新当主になったところで、解決するわけではない。
親世代が強欲な描写からも、彼らが新当主になったところで、新な火種になりかねない。
子世代の誰か(真里亞は楼座の傀儡になるだろうが)が、新たな当主となれば、平和的に解決する可能性がある。
※実際には理御が当主であっても惨劇は起きるので、回避できない現実はあるけれど
毎日碑文に接しているジェシカが、今更解ける可能性は低い。
子どもの真里亞にも、難しいだろう。
残ったのは、譲治と戦人。
譲治が当主となった場合、当主の妻として身辺を調べられたり、子どもができない事で周りから非難される事が容易に想像できる。荊の道だ。
戦人が当主となった場合が最も都合がよく、絵羽は跡取りとしての野望を完全に打ち砕かれる事から、譲治の恋を認める可能性もある。
逆に最も、ヤスにとって都合が悪いのは絵羽が解く場合で、この場合跡取りである譲治への制約は強くなる一方だと思われる。
ボトルメールを通して、碑文の謎を解いてみろと、戦人に強く伝えているのには、そういった意図もあるんじゃないだろうか。

碑文を解く人が現れる事で、当主の座から降り、譲治と結ばれる。という願いがここにある。
ただし、結ばれる譲治には一生伝えられない秘密を抱えながら、ではあるのだけれど。
そして、現実としては、最悪のパターンとして絵羽が解いてしまい、譲治との結婚は更に絶望的となってしまっているのだけれど。



碑文殺人の謎を解いたら、の方はすでに語られ尽くした部分だとは思うが、
回答者は戦人ひとりにしぼられており、この謎を解く事で、ヤスの恋心に気づいてくれたならば、
どれだけの想いを秘めていたのかを、そしてそれを受け止めてくれるならば、
譲治には決して言えない、自分の秘密を全て理解してくれるならば、と思っている。

紗音が昔戦人の事が好きだった、という単純な恋心ではないのだ。
この碑文殺人の謎を解くということは、紗音が何年も戦人を待ち続けた上に、
ベアトとして当主となってしまった事、
紗音・嘉音・ベアトの人格をそれぞれ作り出した事に想いを馳せ、
最終的に戦人とも譲治とも結ばれないのならば、皆殺しにするつもりだったという狂気、
そういったもの全てを理解しなければ、謎は解けない。
それらを全て理解した上で、私を愛してくれるならば、
当主としての全てを投げ捨てて、戦人と二人で生きて行く事ができると考えたのだと思う。

実際は、碑文が解かれた上に、譲治との恋は絶望的となった。
また、碑文殺人はやめたにも関わらず、惨劇は起こり、絵羽は逃げ出し、自分と戦人は生き残った。
最初からどちらかとの恋が叶う可能性も低かった。
だから、せめて黄金卿での幸せを・・・。それすら猫箱が閉じきれない事で叶わない。
ヤスの悲痛な思いが突き刺さる。
posted by stem at 18:27| Comment(0) | ストーリーを組み立てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

縁寿の欠席が決まっていた理由

ボトルメッセージの内容と現実世界での事で一致していた点として、
縁寿が親族会議にこなかった事が挙げられる。

ストーリー上、説明されていなかったが、自分なりに理由を考えた。

縁寿は、真里亞とベアトと共にマリアージュ=ソルシエールに参加していたが、
破門されてしまっている。
これは、一度魔法を否定することが確定してしまっているという事で、
ベアトの、全員が魔法を認めれば、黄金郷で全員が幸せになれるという考えの基、
縁寿をその全員に含めると、その可能性がなくなってしまうと考えたためだと思う。
なので、縁寿が欠席する事は、ベアトの強い意志があっての事で、
だからこそ、ボトルメッセージからは、縁寿の存在が無くなっていたのだ。

逆に言うと、全員で黄金郷という話は、ヤスにとって拠りどころの一つであり、
本当に信じきっていたのだと感じる。
大量殺人を決意した時に、心の平穏を保つために、死んでもハッピー、と思い込んだと言えなくもないけど、
どちらかといえば、元々、肉体にとらわれる事なく、人格によって魂が分けられるなら、
みんなが幸せに暮らせるはずだという、強い思いがあったからこそ、
みんなの肉体がなくなれば、それはそれでいいんじゃないかという、結論に至ったのだと思う。



蛇足
六軒島に嵐が来たと言う設定については、
1週間程度の時間的猶予があったとすれば、台風の予測はできていたかもしれない点と、
元々太平洋の島であれば、この時期天気が悪化する事も多かった点から、
ボトルメッセージと実際が重なったのは確率の高い偶然だったと思う。
別に、台風が来なくても、電話線を切ってしまえば、文字通りの孤島だし。
当たれば、信憑性が増すなぁ〜程度だったと思うけど、
読解側からすれば、この偶然性はノイズにしかならなかったと思う。
posted by stem at 10:37| Comment(0) | ストーリーを組み立てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

【板投稿】物語を作った目的

ボトルメールが実際にあるとして、なぜそんなモノ(物語)が
作られたのか?という所からの妄想。

内容からして、関係者の誰かの手によって作られたものなのは明白だが
世間では爆発事故として知られているにも関わらず、
ボトルメールという出所不明の物体で世の中に知られるようにしたのは
何らかの意図があるのではないか?

その答えをエンジェへの隠されたメッセージなのではないか?と
仮定してみた。続きを読む
posted by stem at 22:06| Comment(0) | ストーリーを組み立てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

現序列が虚偽だという推理

これも以前板に投下したもの。
真の序列があるんじゃないか〜?という流れに合わせて、つくりかえている。
前記事で、バトラはキリエの子じゃないか?というのを書いているが、
その入れ替えの背景となる物語と、キリエが犯人の場合の動機

続きを読む
posted by stem at 17:12| Comment(0) | ストーリーを組み立てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金蔵の生涯

ep4時点でのストーリーメモ書き

----------------------------------
右代宮金蔵の父は、外交官であった。
父は、ひとりの女性と出会う。
婚約者がいたにも関わらず、二人は関係を持ってしまう。
後にその女性は結婚。生まれた子供が黒い瞳であったことで物議を醸すが、その後和解する。
幼少期をイギリスで過ごした金蔵は、後に日本に引き取られる。
若くして金蔵を生んだ娘は、金髪碧眼で、名をベアトリーチェと言った。外国人の血を引いているため、かなりの身長になった金蔵。
そこに関東大震災で家は断絶の危機に陥る。
抜擢される金蔵を支援してくれたのは、実母ベアトリーチェであった。
ベアトはタイタニック号乗組員だった夫の手当で莫大な資産を得ていた。
許嫁と結婚させられるも、金蔵が愛するのは母ベアトリーチェだけ。
生まれた子どもたちにも、その血脈にベアトの血が流れている事を示すために
外国風の名前を付けさせた。
母との禁断の愛の結果なのかどうかは、もはや本人しか知る者はいない。
もしくは孤児院から金髪碧眼の娘をつれてきただけなのかもしれない。

運良く大成した金蔵は、昔のベアトと過ごした生家を偲び、六軒島に屋敷を作る。
母の生家にあったすばらしい薔薇園を再現し、瀟酒な屋敷を建立した。
そして、家人に知られないように、こっそりと自分だけの秘密の花園も。
母と結ばれぬ自分も、いつかこの少女の中にベアトリーチェが目覚め、結ばれる日が来るかもしれない
小さな礼拝堂も作られた。
息子たちの才能の無さに失望しつつも、ベアトとの密会によって癒される日々が続く。

だが、ある日ベアトはそこを抜け出して死んでしまうのだった。
金蔵の悲しみは筆舌しがたいものであった。

ルドルフは18年前、キリエとアスム両方と関係を持っていた。
アスムと婚約するも、その後二人が妊娠していることが判明。
そのままの状態が維持するも、キリエの子が男の子、アスムの子が女の子で
あることが判る。
同時期にクラウスの子どもが女の子である事も判明。
ルドルフの子が男であれば、継承権が自分の子どもになる可能性が高い。
(これについての補強は、現序列が虚偽である推理)
これにより、キリエの子をすりかえる計画を起こす。
逆転させると、キリエが不審に思うため、キリエには流産と説明。
*何故ならアスムは日本人ではなかった。生まれた子は金蔵の遺伝子を汲取、金髪碧眼だった。
どうやっても逆転させることは不可能であった。
アスム自身が知っていたかは謎
アスムの子どもとして、男の子「バトラ」が誕生する。
本来のアスムの子どもである女の子は、ルドルフによって隠蔽される。
使用人たちの協力によって、六軒島にて成長する。
2代目ベアトの死亡により悲しむ金蔵にとっては朗報となったはず。
だが、2代目が九羽鳥庵から逃げ出した事から、軟禁はしなかった。
このため、小さなランタン一つ持って夜な夜な屋敷を徘徊するベアト。
あるいは悪戯をし、落書きをしている。
源次はこれらを幽霊にみせかけ、後処理に追われる。

マリアの出生に関しても、彼女の父親は外国人。金蔵の血を受け継いでいるために、青い瞳。
ベアトもマリアには姿を見せ交流を行う。
金蔵から教わった魔術などを、マリアと共に分かち合う。

一方、アスムが病死。
同時期に、キリエが妊娠している事を知り、ルドルフはそれを知りつつも
過去の償いとして、再婚をする。
その事を知り、いくらキリエでも母と認められなかったバトラは家を出る。
キリエ自身も我が子を流産した事に対して、疑問に感じていたが
バトラに母と認められなかった事や右代宮家に出入りするようになって
我が子が流産したのは、アスムの陰謀であり、子どもは右代宮家に幽閉されていると悟る。
キリエ自身も、ベアトと接触を持っており、無邪気なベアトがマリアをはじめ各人の様子や
黒魔術について話していた。

数年の歳月が経ったが、3代目に昔のベアトリーチェが降りる様子は見られない。
そんな中で、ベアトリーチェが死亡(行方不明)になる。
失意の中で、金蔵はベアト鎮魂の墓標を掲げるが、家人にその意図する所を言えるわけもなく
これが黄金の隠し場所ではないかと考えられる。
金蔵自身にとって、ベアトは黄金そのものであり、黄金郷であることも間違いではなかろう。

その後、金蔵は誰にも告げる事なく、死亡する。

-------------------------------------------
碑文内容が、タイタニック号の沈没〜な説を妄想していた頃なので、
それと整合させるために作ったストーリー。
なぜ莫大な黄金を金蔵が手に入れたかを、きちんと説明できる点では好きだった。

あと、マリアの目が青い理由、金蔵はじめ、ルドルフやバトラが高身長であること、バトラがアスムの子ではない=入れ替えが行われた理由を、金蔵が外国人とのハーフであると仮説立てて考えている。
これと、黄金を貸与したのが、金髪のベアトリーチェというのと組み合わさって
そのベアトが金蔵の血縁者(母親か異父妹)なのではないかと。
posted by stem at 17:04| Comment(0) | ストーリーを組み立てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。